インプラント治療は痛くないのでご安心を

実際にインプラントを入れるとなると、どんな痛みが襲ってくるのかと不安になる方も多いかと思います。
チタンを体に埋め込み骨と結合させる訳ですから、その痛さはさぞ大きいと思われているかもしれません。
ですが心配は無用です。治療開始前には麻酔医が点滴をとり、鎮静剤を投与し、局所麻酔を併用します。
手術中は徹底した体調管理のもとに行われますので安心です。

実際にインプラント手術を受けた方も「手術中の事はあまり覚えていない。うとうとしていたら終わっていた」という感想です。また、その後の痛みや腫れもないとのことで、「食事に困ることもなく、何でも食べられる」とおっしゃっています。

痛くないインプラント治療に麻酔は欠かせませんが、インプラントの場合には静脈内鎮静法が適しているようです。治療に長時間かかる場合や内科疾患があって全身管理が必要な方に施されます。
特徴としては意識や反射が残っており、うたた寝をしているような状態です。問いかけがあった際には答えることもできます。ただし、静脈内鎮静法で痛みを感じなくなるのではなく、痛みそのものに対しては局所麻酔が効果を発揮します。静脈内鎮静法は治療を快適に受けるためのものであり、精神的・肉体的ストレスをなくす効果があるので、リラックスして治療を受けることができます。

痛みに対する不安が原因でインプラントを躊躇されているなら、そのような心配は不要です。
麻酔科医が常勤している東京都港区赤坂の歯科医院なら、痛くないインプラント治療が受けられます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ