ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。
それは違います。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントなら寝屋川市の坂井歯科医院【4500本の実績と非切開無痛手術】

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ