どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なこ

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。
義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで大きく異なります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。
インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ