どれだけ痛いだろうと心配になる

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ