自分の歯がうずく反応もよくあります

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。
どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ