世界中の歯科医が研修を受けています

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。
それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ