医療スタッフもインプラントに慣れてきて

歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。
津山市の北歯科医院でインプラントにしようと思う

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ