自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかか

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
そのため、MRI検査は問題なくできます。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、デメリットも知った上で選択してください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。
安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ