歯科医でインプラント治療を勧め

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ