「インプラントとクラウンの違いは何?

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ