どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラン

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ