インプラントとクラウンの決定的な相違は、

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるというのもありえます。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が増えています。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。
インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ