今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
インプラント あま市 認定医

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ