高校進学時点で衛生看護科に入学

高校進学時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあります。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習するという条件があります。看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊であり、就職先によっても違ってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ