all-on-4(オールオンフォー)なら日帰りで仮歯まで入ります

インプラント治療を受ける上でネックになるひとつが長い治療期間です。
下顎で3カ月以上、上顎では6か月以上、場合によっては1年以上かかることもあります。
自分の歯でしっかり噛めるようになる楽しみが待っているとはいっても、長期間の治療はできれば避けたい。
仕方がないと分かってはいても、どうにもやりきれない気持ちが多少なりともあるのも事実でしょう。

インプラントで短期間で終わる治療はないか?そうお考えの方にはall-on-4(オールオンフォー)がおすすめです。
インプラントの埋入と同時に仮歯が入るので、日帰りで新しい自分の歯を手に入れることができます。
この日帰りで仮歯まで入るall-on-4(オールオンフォー)が、従来と決定的に違うのは、4本のインプラントの上に全ての歯を乗せるという点です。
これまではインプラントと歯の割合が1:1でしたが、インプラントの本数を減らすことによって治療期間の飛躍的な短縮が可能になったのです。

ただし覚えておいてほしいのは、1日で全てが終わる訳ではないという事です。インプラントと仮歯は日帰りで入りますが、そのためには綿密な検査と治療計画が必要です。インプラントのメンテナンスも必要ですので、その後の通院も欠かせません。
日帰りで仮歯まで入るall-on-4(オールオンフォー)は確かに魅力的ではありますが、事前の検査・治療やメンテナンスがあることを忘れてはなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ